HOME > 学校生活 > 教員研修日誌

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

教員研修日誌

2013年12月の日記

 11日(水)、4年生の理科で「物の温度と体積」の単元の授業研究を行いました。

 

 4年生の理科授業は、課題解決型の展開で学習を進めています。まず、本時の学習課題を具体的に提示し、児童は結果の予想を立てます。そして、予想とその理由を発表し合った後に、もう一度自分の予想を立て直す時間を設定し、仲間の考えと自分の考えを合わせて再考する機会を作っています。

 

CIMG0510.JPG

 

 今回は、『注射器の中に入っている空気(体積50mL)の温度を下げると、ピストンはどうなるのだろう』という課題でした。子ども達の予想では「ピストンは下がると思う。人間も寒いと縮こまるから」、「ピストンは上がると思う。温度を下げると水が氷になるように体積が大きくなるから」など、おもしろい意見がたくさん出ました。

 

CIMG0517.JPG

 

 子ども達が注射器を約-50℃にもなるアルコールドライアイス寒剤の中に入れると、すぐにピストンは下がりました。実験を通し、「空気は温度が低くなると、体積が小さくなること」を認識しました。

 

CIMG0535.JPG





教員研修日誌のトップページ