HOME > 学校生活 > 教員研修日誌

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

教員研修日誌

2017年10月の日記

体育科 ベースボール型授業

10月27日(金)、久しぶりの晴れ間の中、校庭で4年1組の授業がありました。

20171028162507-abf2933213ed63c8c53fcb3ee8a3ce44bbae7dd3.JPG体育の授業で、ベースボール型のゲーム(野球よりも易しい方法、ルールで進めるゲーム)に取り組んでいます。

来月の千葉県私立小学校研修会体育科講師の、聖徳大学教職大学院の百瀬定雄先生にご参観いただきました。

20171028162853-2ca97383899ea9014ea497cbbe30aaa8368bfc9d.JPG投げる、打つ、走るといった、基本的な動きの練習を行いました。

20171028162949-bef7170f041cd82c8a2623e8514cfb5ed3f969e7.JPG20171028163044-4060cf13b9106af0ccd5b9a7fcdd3ed7c6644dda.JPG20171028164209-6126e38c11036beb410413f1c4483f0f1fd3ea73.JPG

20171028164408-28d8870deef4778f08f274c47c9aae9a1bb9368c.JPG20171028163109-7e056af09879672c12ee419de12c7ab98193e095.JPG20171028163132-a3a0cc857da80ab1f0e84ce1f4c9ce1961fbe810.JPG担任の廣津先生は、「子ども達が活動を楽しみ、活動への意欲をさらに高めていけるよう、これからも授業づくりを進めていきたい」と話していました。



20171003111904-293860d11a357d754e0135e0534246cf1c2cbce4.jpg

算数科も授業研究を行いました。

今回は、2年生と5年生の2クラスで授業が公開されました。

20171003112047-bfb484702f057a8c38160d9d629185649004539c.jpg

本年度の算数科の講師は、聖徳大学名誉教授 松山武士先生です。

松山先生は、本校元校長でもあります。

先生は、算数授業における「相互啓発」を提唱された先生です。

それは、昭和50年代にすでに発表されていたということですから、本当に驚きです。

20171003112236-57e822b60c65ac5f5b16d5598dfc43f28ebedd61.jpg

これまで聖徳大学附属小学校では、算数の研究をずっと続けてきました。

昨年度も授業の単元導入に絞って研究を進めてきており、子どもたちを主体的にしていくための「問い」と「学び」の連続を授業展開に盛り込もところが特徴的です。

子どもの「なんで?」「どうして?」を大切に、「わかった!」「じゃあ、こうだったら?」につなげていく学習です。

 

20171003112503-3224f8c4502976526b8444f5d44d9f01c29bc0ee.jpg

主体的になるからこそ、活動は対話的になります。

20171003112634-f1ca7c9071119d1ef6fa0373e3d15f65d3ddfa11.jpg

そのためには、教材研究と教師の発問の工夫が重要になります。

20171003112807-1b659bb7b63b8dca580efaf20b42c5af9101e249.jpg

子ども達が同じ方向に向かって学習を進めていく。

多様な考えを受け止めるだけの 自分の考えを持っていればこそできるものなのでしょう。

11月の千葉県私立小学校研修会では、1年生と4年生の「問い」と「学び」の連続した授業を公開する予定です。

 





教員研修日誌のトップページ