HOME > 学校生活 > 教員研修日誌

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

教員研修日誌

2018年11月の日記

20181119175311-82722decd07fd8e14b230a62bd484fa961812e9b.jpg

3年生で授業研究が行われました。

今回は、算数科で「表とグラフ」の導入の授業です。

20181119175406-b5a2776e42e1fc90409a8a2d51beef28329bffbf.jpg

「学級レクで何をするか決めよう」というテーマで、子ども達の主体性を引き出します。

20181119175432-44b593ae31ef4763844e56935112e11c97181e9c.jpg

どうやってまとめようか話し合われます。

20181119175509-877174ac5fd1b7ccd97c6e823e46890e1d027977.jpg

子ども達が紙に書いた遊びの種類。

なんと、これを担任の吉次先生は、口頭で伝え始めます。

20181119175616-b74d5182a285bdbb2419c2d329e9d3437530614c.jpg

口々に「無理だよぉ」「どうしたら間違えないで書けるんだろ」「なにかいい方法はないかなぁ」と子ども達。

20181119175534-659cd86e3484c91b17f28f3995266dbad0fc9481.jpg

「棒の数」を書いて集計した子、「〇の数」を書いて集計した子、「絵」を描いて集計した子、「正」の字を書いて集計した子、方法は様々 出ましたが、どの方法だと落ちがなく数えられるか、子ども達は必死に考えます。

20181119175643-b257f0d12f7eb5f81cb54184c64acfa4c1a417fd.jpg

自分たちの学級レクを決めるのですから、子ども達は主体的になります。

主体的だからこそ対話的な活動が生まれます。

この対話的活動は、深い学びにつながっていきます。

20181119175712-5537106953bbe670dfb77e5ab37d84049633b1e5.jpg

「学級レクで何をするか」を決めるのに、「見やすく整理して表す」算数的活動をおこないます。

「生活の中に算数を」というのは、授業者の強い思いです。

20181119175746-1ea4d32dcede1def847953f574dacec9318e421a.jpg

今回も、算数科講師として八雲小学校 校長 長谷豊先生です。

いつも算数の理論をわかりやすく、実際的な考え方と現実的な方法で ご助言してくださいます。

「『深い学び』は、人によってちがっていいと思います。大切なのは、算数の力を伸ばすための授業であって、そのための方法が主体的・対話的であるとよい、ということです。」

20181119175820-555232bf00dadce54fe6310ee40663825ec773ee.jpg

協議会では、よりよい方法をみんなで考えます。

自分だったらどうするか、今日の展開の場合どうしたらよかったのか、話し合います。

20181119175857-b0f5797492eb10d82897983ac90c65b8f04c73a0.jpg

そして、代替案を発表。

今回の授業は、授業研究9回目です。毎回、このように発表者をかえ授業のさらなる向上を目指しています。

早く明日の授業をしたい、と強く思えた一日となりました。

20181119180016-03fbca84ffe2dfa9a7114f0e4d3b7d6d2ce58b8f.jpg



20181114144516-13a01afdee6d92e55c417aaec3c65b0c700a253d.jpg

4年生で、算数科授業研究が行われました。

「広さを調べよう」という単元です。

つまりは、面積の学習で、今回は複合図形の問題に挑戦します。

20181114144548-a237ce986ef0190cd0f45b44716618e14216649b.jpg

正方形や長方形の面積の求め方は、もう知っている。

この変なL字型の形の面積は、どうやって求めることができるのだろうか。

子ども達は、様々な工夫をして面積を求めます。

20181114144616-ffc7360239893107f79f27cc668e0f849342767f.jpg

求めることのできる形に小さく分割して求める「わけわけ方式」で考える子。

20181114144657-941c76a9e71d9fe801832c9914fe6a2bab02efa6.jpg

無いものをあるものとして考える、「ないある方式」。

20181114144732-7535acad9a8a9893bac6090dffa9d86c3b8a73ae.jpg

向きを変えたり、形を変えたりして、面積の求め方をいくつも導き出している児童がいました。

子ども達が、主体的になるためには、授業展開の工夫が必要です。

主体的になれば、自然と対話的な意見の飛び交う授業にもなります。

20181114144804-1fade749fa993c4602cf9d858b6300d57f3fe3b7.jpg

思考することの楽しさを味わうことのできた子ども達は、これから算数に限らず、他の場面でも 工夫して考えることができるようになるはずです。





教員研修日誌のトップページ