HOME > 学校生活 > 教員研修日誌

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

教員研修日誌

5年生の日記

20190123170040-ef512fae34dcdf2a8a35ee9dca44c417ab7c2cc0.jpg

5年2組で算数科授業研究が行われました。

単元は、「円のまわりの長さ」です。

授業されたのは、探求に詳しい 粟谷先生です。

20190123170112-9d012ab9aa4b9f4f9d59f667e1d262b45b2f61f3.jpg

子ども達に演習の求め方を問うと、「簡単です」との返事が。

しかし、「なぜ直径×3.14なのか、説明できますか?」と さらに問うと、子ども達も困った様子を見せます。

20190123170139-e1f8f7fcadea751b82ed4a506554ec237d4fda3a.jpg

一生懸命に考えます。「問い」の質が高ければ高いほど、子ども達の力はさらに伸びていきます。

「直径の3倍以上なのは間違いない」「直径の4倍では、円の大きさをこえてしまう」

自力解決で得た自分の考えを発表していきます。

20190123170206-29630349dedaa26336a9f7f5923aadb70226607f.jpg

紙を実際に折ってみたり、長さを均等に分けて多角形を作ってみたりと、子ども達なりに工夫します。

授業のめあてのとおり、子ども達は しっかりと円周の求め方を考えています。

20190123170253-2ef3ce676254c80ac7169ce7fc012c4d04df542d.jpg

なぜ円周率が3.14なのか。その答えに近づいていきます。

20190123170342-e89ff288fa6ec2c3c6a0740507f2bebf77626bc3.jpg

隣の席の子たちと自然にペア学習になっていきます。

主体的だからこそ対話的な学びにつながっていくのです。

20190123170546-e19113c98ff2b114363db8e30f79cbaee526baf2.jpg

ただ公式をつかって答えを出すことよりも、「問題が解けた」の先にあるものにふれた時、「深い学び」を得ます。

「知っている」と「わかっている」の違いに、子ども達は気が付いたのではないでしょうか。

20190123171602-9aa6c4e2429e6f4c74de0deec6899def1e1912f3.jpg

授業後の協議会では、先生方から粟谷先生の指導方法や学級経営など、多岐に渡って意見が交わされ、三須校長からも「全てを吸収して自身の向上につなげてください。」と話がありました。

明日も子ども達の輝く瞳のために、5年生では授業が行われます。



20181031173423-c0c32af0a854c1c63b93fa9fe4eae805d12cff0f.jpg

5年生で体育科授業研究が行われました。

授業者は、体育が専門の小宮純司先生で、器械運動の指導方法に挑戦しました。

20181031173504-e6609ee6397cff6cfe7fb1656badac2e55269465.jpg

できるから楽しくなる。小宮先生の持論です。

今回の授業の目標の中にも、「成功体験を味わい運動を楽しむこと」という文言が見られます。

20181031173538-96adbae55e6da6a7a20d91cfaf5d4ca9b918b386.jpg

開脚前転や台上前転に取り組むためには、こうした下位運動の積み重ねが欠かせません。準備運動も兼ねながら運動のつながりを意識させます。

20181031173606-8820ae28e6531e4244c46ec9ef344c21dde32d2f.jpg

「学び合い」を大切にしています。お手本となる友達の動きからよさを学びとります。

成功するためのモデルを持つことは、重要なことです。

20181031173640-50b62fdb9c1e08da78ef76f6c4a7de0d9884a852.jpg

タブレットPCを使って、自分の動きを動画で確認します。

自分もモデルと同じようにやっているつもりでも、意外に違う動きをしているというのは、よくあることです。

友達に自分の動きを撮ってもらい たしかめます。

20181031173737-b9d1a2ff2c4548966ae079bc33a75d78d23c4b1f.jpg

マット運動で加速させるためには、足の動きが重要になります。

回転時に足先まで伸ばすことで大きく加速させることができます。

20181031173811-fe5fdccec73f0c00852d56999069900ea388a072.jpg

すぐに確認することにより、その授業の中で自分をよりよい方向に変容させることができます。

20181031173841-a5d6f2ef5f8e2855d1be99a3260f85eb5663d8b4.jpg

授業の最後には、振り返りシートです。

具体的にできたことと、できなかったことを自己評価していきます。

20181031173911-b291ad93e8645136f57ff3ec5c908e0e86c5f9a1.jpg

今回の講師は、聖徳大学教職大学院 教職研究科 教授 百瀬定雄先生です。

昨年度から、体育科講師としてお招きしています。

20181031174013-100f87ab590ecbdd96259628cdfcea0d96ade13a.jpg

協議会を二部構成にして、後半は実技演習をご指導いただきました。

百瀬先生の動きが指先まで伸びていて美しいです。

20181031174105-9f144cd77e75e5fe77c4a73d370e4810ef45cc72.jpg

跳び箱を跳ぶためには、いくつかの手順が必要です。

まず大切なのは、腰を高く上げることです。

教員のほとんどは、考えなくとも跳ぶことのできる人が多いです。

モデルとして跳ぶことはできても、どのような運動の連続が跳び箱運動なのかと 聞かれると答えに詰まってしまいます。

だから、理論的に学びます。

20181031174300-e06ebb5f216b38ca7b1e17f34ce35c284272b539.jpg

わかりやすく、かつ 優しく、そして実際的に使えるご指導をしてくださった百瀬先生に心より感謝です。

学び多き研修となりました。

明日の授業のため、教員研修は続きます。



道徳科 校内研修会

20180309094510-ac73a012af40735a49e58c91ecdf47f616447cde.jpg

道徳科 校内研修会が行われました。講師は、柏市教育委員会指導課の高橋静先生です。

高橋先生には、この一年間 道徳の授業を中心にどうカリキュラムマネジメントするのかをご指導していただいてきました。20180309094714-cac73d5b18d9e534cfb2a61f5451080fee3f7b84.jpg

 

来年度から本格的に実施される「特別の教科 道徳」。

11月にも千葉県私立小学校研修会でも本校の道徳授業を公開しましたが、本校の道徳の特徴として、教科横断的な視点で計画されているということが挙げられます。

道徳の授業で学んだ道徳的諸価値を、その他の学校生活の中で気付き、実感していくことができる機会が多いのです。

20180309094645-df2604ddf0a40a78419765878db58f7ecfb7dc88.jpg

例えば、相手への思いやりの心を形として表すことを学んでいる「礼法教育」との関連。内容項目としては「B 主として人との関わりに関すること(親切、思いやり、感謝、友情、信頼、相互理解、寛容)」「C 主として集団や社会との関わりに関すること」と強く結び付いています。

20180309095002-389b37752cd3b274c74f6d4e46ce62acb3c491e7.JPG

その他、縦割り班の「明和班活動」。1年生から6年生までの異学年の児童が毎日顔を合わせる中で、上級生は下級生のお世話をして、下級生は上級生を慕って深い絆をつくりあげてきています。同じように内容項目としては「B 主として人との関わりに関すること(親切、思いやり、感謝、友情、信頼、相互理解、寛容)」「C 主として集団や社会との関わりに関すること」と強く結び付いています。時期や実態に合った内容を道徳の授業で取り上げることができます。

20180309094806-450b611a09700797dfbc60351a78962bac4dde06.jpg

多くの行事や集会が行われる本校ならではの体験的な学習が、行事の前後に行われる道徳授業によって行動の意味を理解しやすい機会を与えることができることになるわけです。

他にはない本校の特色ある道徳授業の実践。これからも、子ども達が人間としてよりよく生きようとする道徳性を養えるよう授業研究に取り組んでまいります。

 



理科 課題解決学習

本校の理科授業では「課題解決学習」を行っています。本日は聖徳大学の佐藤幸雄先生にご参観いただき、5年生の「気体」の学習を行いました。

20171117171922-0aa185d2730447875de5ea4719fee3e888c511c5.JPG20171117171942-ea395a17baacf8cbfdd67b722b964782421454ff.JPG気体の性質を調べるためにはどうしたらよいのか、友達の意見を聞きながら自分の考えを深めていきました。「重さを調べる」「気体の性質を調べる」等、授業では色々な意見が出され、多様な意見の中から結果をまとめていくことができました。

20171117172151-884b0d697a6da26b9e3bd53332f13909467e5295.JPG20171117172530-beb8e9163d6d9b2f6b0fcde295605af6546370e3.JPG20171117172222-d654059dbcd56897795bd2ee3cd79f8220a65bd2.JPG20171117172247-971eaa84dff73a6de2af01c6c67b9d85e2e822e7.JPG20171117172305-4829d1e91203e17844fe603c941146e8e6e66e83.JPG



1  2  3

教員研修日誌のトップページ