HOME > 学校生活 > 教員研修日誌

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

教員研修日誌

2年生の日記

20190130142914-0bc3286a324568ab398e9bb0b76bbc448d91d229.jpg

2年生で算数科授業研究が行われました。

単元名は、「図をつかって考えよう」です。

授業者は、これまた本校卒業生の2年1組担任の内山先生です。

20190130142936-0e5ff5006333c5c8a629b4d099ce92aebb319523.jpg

本単元のねらいは、加法と減法の相互関係を理解して、場面を式に表したり式を読み取ったりし、問題を解決する能力を伸ばすことにあります。

その際、テープ図に表すとより簡潔に表現することができ、演算決定がしやすいという よさに気付かせたい内容です。

20190130142958-f8b01f4d4977cf91154e0c3a31b018588b29d3a5.jpg

今回 子ども達が取り組むのは、逆思考の問題です。「なぜその計算で求めることができるのか」を説明する必要のある場面を設定します。

その根拠を説明するのに、問題分で与えられている数量の関係を正しく捉え、数をテープ図の上に表現し、式を導かせるようにします。

20190130143027-65c1dfb5c551937d87a0ff4090728dfe268f0413.jpg

「全部で」 「あわせて」だから、たし算のお話なのに、式がひき算になるのは どうしてだろう。

20190130143054-02f11cefeeab307344898e6d9f277521d190e416.jpg

多くの子が、自分の意見をみんなに伝えようと意欲的に授業に取り組みます。

発表した意見にも認める発言が飛び交う いいクラスです。

20190130143124-7f57223e5c77b1932baa92be4339c6402c1ae9d6.jpg

先生が、今日の子ども達の考えをまとめていきます。

20190130143216-14ada87e052c779323a335ad75aaf22a5cfe68d2.jpg

子ども達も、自分の出した考えとは違う考え方をしっかり聞いて自分のものにしようとします。

20190130143255-5e41c24abe4187f663ae1fcf3c4f579de822c92d.jpg

協議会では、もし自分だったらどうするかという代案を、教員みんなで考えます。

ここでは特にテープ図の必要性を授業の中にどう子ども達に見つけさせていくかが話し合われました。

20190130143326-ea497f0affa24881206aa99b63e1c799ce992e94.jpg

今回も、講師の先生は、目黒区立八雲小学校 校長 長谷豊先生です。

算数の授業で、どうやって「問い」を引き出していくかを、お話し下さいました。

また、主体的・対話的という言葉にとらわれすぎないで、授業をつくるために必要なことは何かを見つめなおすことが大切だともおっしゃっていました。

20190130143415-dfdd444c130047cd5939bd7a2eea846c026138fd.jpg

そして、授業をつくるためには、算数の知識ももちろんですが、何よりも重要なのは、先生の「情熱」だとも話して下さいました。

何かもっと工夫しようとか、こうしたらもっとおもしろくなるかもしれない、という気持ちの積み重ねが、授業をさらに向上させるのだと教えてくださいました。どの教科においても、根本は変わらないのだと思います。あらためて そのことが大切だと教えてくださる長谷先生は、本当に素晴らしい方です。

本授業で、本年度の授業研究は全学級終了となります。

これから、本年度の研究の振り返りをおこない、来年度のさらなる授業力向上に向けて勤しみたいと思います。



20180620111835-415bce230850d8554dca614141a887d189d3c237.jpg

2年生で「特別の教科 道徳」の授業研究が行われました。

20180620112244-fdb3f70b0d549812b282b192cbd9fe906dc59b70.jpg

講師は、昨年度より道徳科のご指導を受けている聖徳大学教職大学院 教授 吉本恒幸先生です。

20180620112335-10bb1bf5b9afe389e5ce3021cca059e9222ddf37.jpg

今回は、「ともだちやもんな、ぼくら」(東京書籍)の教材を使って、「友情、信頼」の道徳的諸価値の理解を深めます。

①道徳的価値についての理解を深める

②自己を見つめる

③物事を多面的・多角的に考える

④自己の生き方についての考えを深める

これらの4点が、授業が成立するための機能として必要となります。

 

20180620112431-cc0ebf66c4650c84f5d8225e63375e4dbd6200eb.jpg

道徳性は、具体的な行為や行動ではありません。

徐々に、しかも、着実に養われることによって、潜在的に、持続的な作用や行為を人格に及ぼすものです。

 

20180620112517-a49030edb41407faea2dab2ad77c477960081825.jpg

他の教科と違うのは、すぐに結果を求めないということも挙げられます。

 

20180620114253-c7d362eb47d1ce952a0d4370ad674f42173e707f.jpg

今後、児童が生きていく中で適切な行為を選ぶことができる力を育てるのです。

 

20180620112630-547810408d384be1b155ef3bb20a8263c0bc010b.jpg

授業後は、教員みんなでより良い授業にするための協議会を行います。

 

20180620113154-faf70305e82aa703b1ccec3c801b3cae7e742a25.jpg

「考え、議論する」とは、方法であって、価値理解のために行うものであることを確認します。

20180620113238-1a3f140dab796c464ee28f88596dc9fdebdb3eb6.jpg

そうなると、まず重視すべきは、展開のおける道徳的価値の理解を深める所です。

20180620113309-36477398f8441a2d90e087c1c70a9d2d1580989b.jpg

中心発問の重要性はもちろんのこと、どこで「考え、議論する」のかを考えました。

これからも年間を通して道徳科の特質を踏まえた授業を実践し、子ども達の心に種を まき続けていきたいと思います。



道徳科 校内研修会

20180309094510-ac73a012af40735a49e58c91ecdf47f616447cde.jpg

道徳科 校内研修会が行われました。講師は、柏市教育委員会指導課の高橋静先生です。

高橋先生には、この一年間 道徳の授業を中心にどうカリキュラムマネジメントするのかをご指導していただいてきました。20180309094714-cac73d5b18d9e534cfb2a61f5451080fee3f7b84.jpg

 

来年度から本格的に実施される「特別の教科 道徳」。

11月にも千葉県私立小学校研修会でも本校の道徳授業を公開しましたが、本校の道徳の特徴として、教科横断的な視点で計画されているということが挙げられます。

道徳の授業で学んだ道徳的諸価値を、その他の学校生活の中で気付き、実感していくことができる機会が多いのです。

20180309094645-df2604ddf0a40a78419765878db58f7ecfb7dc88.jpg

例えば、相手への思いやりの心を形として表すことを学んでいる「礼法教育」との関連。内容項目としては「B 主として人との関わりに関すること(親切、思いやり、感謝、友情、信頼、相互理解、寛容)」「C 主として集団や社会との関わりに関すること」と強く結び付いています。

20180309095002-389b37752cd3b274c74f6d4e46ce62acb3c491e7.JPG

その他、縦割り班の「明和班活動」。1年生から6年生までの異学年の児童が毎日顔を合わせる中で、上級生は下級生のお世話をして、下級生は上級生を慕って深い絆をつくりあげてきています。同じように内容項目としては「B 主として人との関わりに関すること(親切、思いやり、感謝、友情、信頼、相互理解、寛容)」「C 主として集団や社会との関わりに関すること」と強く結び付いています。時期や実態に合った内容を道徳の授業で取り上げることができます。

20180309094806-450b611a09700797dfbc60351a78962bac4dde06.jpg

多くの行事や集会が行われる本校ならではの体験的な学習が、行事の前後に行われる道徳授業によって行動の意味を理解しやすい機会を与えることができることになるわけです。

他にはない本校の特色ある道徳授業の実践。これからも、子ども達が人間としてよりよく生きようとする道徳性を養えるよう授業研究に取り組んでまいります。

 



Our English Class<2年生>

本日の英語の授業に、聖徳大学大学院の一ノ瀬喜子先生と、聖徳大学の学生の方々がお見えになりました。授業の初めに大学生のお姉さん達と楽しいアクティビティをして、子ども達は大喜びでした。

20171121181614-80e22ac2bac18053580a97e3c0a8a92dfe56b908.JPG20171121181634-5234615bea747a6fb4f28409b2dd198d80cd9dc0.JPG本日の学習内容を確かめた後、ゲームを行いながら新しく学んだ表現を練習しました。

20171121181821-707d9408a1a4b3a1bd58904185d87cbbc83dd29c.JPG20171121182839-82768b1c4b790d7f59e574f2809d839fa9036290.JPG20171121181858-35f7c41cfdba08d39a735fe75d4fcf7d7577fe95.JPG20171121181914-8d04ac0953b8457b2e10799f556a69f5664d1afc.JPG20171121181933-85333f7ab6559985d9374ea36d44b97eef48512f.JPG授業後には、一ノ瀬先生、日本人教師、外国人教師で本時の実践についての協議を行いました。英語科では、よりよい授業・カリキュラム作りのために日々改善を続けています。

20171121182119-71dd956371f50e0da5614d0e670117520a60ca1f.JPG



1  2  3

教員研修日誌のトップページ