1. Top>
  2. 学校紹介>
  3. 学園長・校長挨拶

学校紹介

  • セイトクならではの強み
  • 職業実践専門課程
  • 3つのポリシー
  • 就職・進学について
  • 施設紹介
  • 学園長・校長挨拶
  • 建学の精神
  • 沿革
  • セミナーハウス案内
  • ひじり会紹介
  • セイトク日記
  • セイトクカレンダー
  • MYセイトク

学園長挨拶

学園長からのメッセージ

努力できる人こそ、魅力ある教育者に。

静かな水面に“しずく”を一滴落としたところを想像してみてください。幾重にも波紋が広がっていきますね。幼児教育とは、まさにこれと同じことです。教育者の言動ひとつひとつが、子どもに非常に大きな影響を与えるのです。ですから、とても責任の重い仕事であることを、はじめに理解しておいて欲しいと思います。
それでは、幼児教育者にふさわしい人とはどんな人なのでしょう。知識や技術だけでなく、教育者としての豊かな教養と魅力的な人間性を兼ね備えた人。簡単に言ってしまえば、私は常に努力できる人だと信じています。能力にはもちろん個人差があります。
しかし、能力があっても努力しない人に人間的魅力を感じるでしょうか。不足している能力を努力でカバーしている人こそ、魅力的な人間だといえると思います。
最後に、幼児教育者をめざす皆さんに「能力には限りあり、努力には限りなし」という言葉を贈ります。ぜひ努力を惜しまず、自分を磨き、夢を本校で実現させてください。

写真:学園長 川並 弘純

学園長
川並 弘純

校長からのメッセージ

「はじめてのせんせいになろう。」

“はじめてのせんせい”とは何でしょうか。
もちろん、「初めて子どもたちの前に立つ先生」のことでもありますが、「子どもたちが最初に出会う先生」も初めての先生になるのです。
初めての先生として子どもたちの前に立つということは、子どもたちの未来について責任を持つともいえます。人が成長していく上で一番大切であり10年後、20年後を見据えた大切な時期を担うことになります。だからこそ、皆さんの夢である“はじめてのせんせい”は、素敵でやりがいがあるのだと思います。
本校は、免許・資格を得る(卒業する)ための学びでは無く、大切な時期を受け持つことが出来る先生を養成するために必要な技量、知識や技術などの学びに加え、豊かな人間性を育む人間教育を行っています。幼児教育者・保育者として卒業した人数は13,500人を超えています。
経験豊かな愛情溢れる教員、社会人として見本となる職員が一丸となり“はじめてのせんせい”になるよう尽力しますので、ぜひ皆さんの夢を本校で叶えてほしいと願ってやみません。

写真:校長 川並 順

校長
川並 順

ページトップへ

保育士・幼稚園教諭を目指すなら聖徳大学幼児教育専門学校
〒108-0073 東京都港区三田3-4-28 
TEL:03-5476-8811(代表) FAX:03-5476-8820