子ども向けイベント「アートパーク11―まつどパラレルワールド」を開催しました

2018年07月02日 大学アイコン
 7月1日(日)、子ども向けイベント「アートパーク11―まつどパラレルワールド」(主催/聖徳大学児童学研究所、聖徳大学生涯学習研究所)を松戸中央公園で開催しました。
 今回、史上最多の参加者となる1,949名の親子が集まり、「アッパレザウルス」「つるそう!ならそう!ふうりんの木」「大きいシャボン玉!手のひらではずむシャボン玉!を作ろう」など、大学や地域の活力を活かしたさまざまなワークショップを通して、学生たちとアートな遊びを一日楽しんでいただきました。
 「アートパーク」は大学と地域が連携し、公園の新たな活用法や外遊びの重要性を提案してきました。本学の教員養成の学びと地域団体の持つノウハウのコラボレーションは、準備の段階から互いに良い刺激となり、新たな学習の場が生まれています。


「アッパレザウルス」(大成ゼミ)の様子
ページの先頭へ