総合文化学科の学生が企画・開発した「千葉のめぐみ弁当」を第54回聖徳祭で販売します ―今年もやります!千産千商 in 聖徳祭―

2018年10月29日 短大アイコン


千葉のめぐみ弁当

総合文化学科の学生が企画・開発した「千葉のめぐみ弁当」を第54回聖徳祭で販売します


 聖徳祭で恒例となった“おいしい食べもの産直販売”「千産千商 in 聖徳祭」では、聖徳大学短期大学部と千葉興業銀行との間で締結した産学連携協定に基づき、千葉県産農水産物や県内で加工・製造している「おいしい食べ物」を展示・試食・販売しています。

 短期大学部総合文化学科ではこれまで、学生がアイデアを出し、地元の企業等とコラボレーションして発売した商品がたくさん。
 第54回聖徳祭では、同学科フード・調理ブランチの学生が企画・開発し、(株)万葉軒(本社=千葉市)で商品化した「千葉のめぐみ弁当」を販売いたします。ぜひご賞味ください。

◇販売日: 平成30年11月17日(土)・11月18日(日) 
◇販売価格: 900円
◇販売個数: 各日150個(両日で300個)
◇販売場所: 聖徳大学 「千産千商」会場(野外テント)

※「千葉のめぐみ弁当」は、当日午前11時半頃から販売する予定です。 (売り切れ御免!お早目にお買い求めください)

 その他、毎年ご好評いただいているときめくメロンパンやどら焼きも販売します。
ページの先頭へ