最新情報

最新情報
  • ニュース一覧
  • PICK UP一覧
  • イベント関連一覧
  • 入試関連一覧

聖徳大学人文学部英米文化学科が第18回聖徳大学英語教師セミナーを開催しました。

2011年02月18日 大学アイコン


パトリック・マグワイア講師


クリスティアン・ブティエ准教授


英語で発声された4ケタの数字をホワイトボードから探すゲーム。参加された先生方も大いに盛り上がっていました

この聖徳大学英語教師セミナーは、主に近隣の高等学校英語教師を対象に、英語教育の充実発展を目的に英米文化学科が開催しているものです。今回18回目を迎え、1月に行われた2011年度センター試験の英語を題材に発表が行われました。以下に当日のプログラムを明記します。

★プログラム★
「センター試験の英語研究」
1.2011リスニング問題の音声チェック
小川直樹教授
2.ネーティブから見たセンター試験
パトリック・マグワイア専任講師
3.仏語教授法を応用した英数字トレーニング
クリスティアン・ブティエ准教授

英語音声学の専門家である小川教授は、発音の観点から今年のセンター試験・リスニング問題を振り返り、音声上聞き取り難い箇所や特徴などについて検証されました。例えば最後の長文の聞き取りでは、“poem”という単語がキーワードだったのですが、「ポーム」のように発音されていたそうです。日本人は「ポエム」と思い込んでいるため、多くの受験生が聞き取れなかったのではないかという指摘がなされました。

次いで、日本の高等学校での指導経験や、センター試験での監督経験があるカナダ人P.マグワイア講師は、日本の英語教育に詳しいネーティブの観点からセンター試験について英語で講義されました。問題を作る側から見ると、選択肢は正解を基に作られているので、選択肢の中の共通部分や異質な部分を見ていくと、能率的に正解に近づくことができるそうです。また、センター試験の英語の問題の質は年々良くなっている、などの話がありました。

最後に、英語と日本語に精通したフランス人C.ブティエ准教授は、フランス語教授法に基づく英数字の練習法・指導法に関するワークショップを英語にて実施。センター試験のリスニング問題では数字の聞き取りが必要不可欠ですが、ゲームを取り入れた楽しい練習法を紹介され、受講された先生方とさまざまな数字当てクイズを実践していました。なお、参考文献として、駿河台出版社発行「フランス語のシッフル(数字)なんてこわくない!(改訂版) Fabienne Guillemin 著」を使用しました。

参加者の熱意溢れる盛況な雰囲気の中、セミナーは終了しました。今回は、20人ほどの千葉・東京・埼玉の高校英語教師にご参加いただきました。英米文化学科では、英語教師セミナーを年4回(6月・9月・11月・2月)定期的に開催しており、あるリピーターの先生からは「次回以降も楽しみにしています。」とのありがたいメッセージを頂戴いたしました。

「今回紹介したゲームを取り入れた英数字の練習法・指導法は、全ての語学に応用可能で、気軽に楽しみながら取り組むことができます。ただし、語学の習得は楽しいゲームだけではなく、文法の理解習得など地道な作業も重要であり、多様な練習法・指導法を総合的に組み合わせていくことが大切です。」 (本学英米文化学科 C.ブティエ准教授コメント)

【問い合わせ先】
本学人文学部英米文化学科

TOP