小学校教諭

 小学校の1〜6年生の児童に原則として国語から体育まですべての教科を一人で教えるほか、HRや給食、登下校といった学校生活の指導や、運動会など学校行事の運営、家庭訪問なども担当し、全人格的な教育を行います。小学校の教育は、まだ自己が 確立されていない時期の子どもたちに教鞭をとる仕事であり、子どもたちの人格形成に大きな影響を与えるだけに、大きな責任とやりがいがあります。

■小学校教諭一種免許状 児童アイコン

 大学で教育課程を履修し、所定の単位を修得すれば一種免許状が取得できます。

○免許取得までの目安(以下の内容はあくまでも例です)

  最適の学科・コースなど 入学年次 必要年数 最低必要単位 備 考
高校卒 児童学科児童教育コース 1年次入学 4年 124〜142単位
学士の学位を同時取得
専門卒 児童学科児童教育コース 3年次編入学 2年 102単位
学士の学位を同時取得
短大卒 児童学科児童教育コース 3年次編入学 2年 94単位
学士の学位を同時取得
大学卒 児童学科 課程正科生 2年 72単位

■小学校教諭専修免許状大学院アイコン

 大学院修士課程で所定の単位を修得することにより取得できる免許状です。また、現在小学校の一種免許状を所有されている方で、 当該学校に勤務されて3年以上の在職年数を満たしている場合は、科目等履修生として必要な単位を取得することによって専修免許状を取得する方法もあります。


ページTOPへ ▲

  1. 取得可能な免許・資格について
    ご紹介しています

  2. 取得可能な免許・資格に
    ついてご説明します。