学生インタビュー

岩橋 泉苗

人文学部(現:心理・福祉学部)心理学科 卒業
岩橋 泉苗さん 

心理学の基礎を修得できたことは、カウンセラーとして大きな財産です。


惹かれたのは、聖徳の“オールドタイプ”の通信教育です


 大学へ入学する前から自宅でカウンセリングルームを開設しているほか、契約企業の社員のカウンセリングやキャリアコンサルティング、研修講師の仕事をしています。フリーランスで人材ビジネスの仕事をしていた時、管理するスタッフからの相談に役立てたいと思い、複数のカウンセラーの資格を取得しました。ただ、相手の気持ちを引き出すテクニックや傾聴技術は上達しましたが、その人の心的背景を理解するには、大学で心理学を学ぶ必要があると思っていました。
 通いやすさもあり聖徳は最有力候補でしたが、入学説明会に行き、入学を即決しました。最近は、通学しなくても卒業できる通信教育が多いですが、聖徳は「あえてオールドタイプの通信教育」との説明でした。大学としてのポリシーを感じましたし、直接人と会って話すことが大切な仕事のため、そのポリシーに惹かれました。

一年間のスケジュールを立て早めに学習をすすめました


 仕事をしながらの勉強は、時間のやりくりが大変な時もあります。何も考えずに勉強していては、時間が過ぎるのはあっという間です。そのため、毎年必ず一年間のスケジュールを立てました。レポートの提出や科目の試験、スクーリングなどに加えて、旅行などプライベートの予定も入れます。そして、何月までに何をやるのかを決めて、予定よりも早く終わらせるように心掛けました。私の仕事は、比較的、時間を自由に組み立てられます。カウンセリングの予約と予約の間のちょっとした時間などで文献を読む習慣をつけました。レポートは、書くこと自体がはじめてでしたが、先生が添削欄に書いてくださる細やかなコメントを参考に修正ポイントを見極めていきました。4年間に書き上げた多くのレポートのお陰で文章力が上がり、今では、契約企業向けの心理コラムの執筆にも活かされています。

モチベーションを上げやすく卒業を目指しやすい環境です


 療法的なことも含めて心理学を学んだことで、クライエントの心的背景を深く理解できるようになりました。何より聖徳を卒業して良かったと思うのは、自分に自信を持てたことです。4年間しっかり学び、心理学の基礎を修得できたことは、私にとって大きな財産だと感じています。聖徳は、ほかの通信制に比べて大学や試験会場へ足を運ぶことが多いと思います。学ぶ仲間と会う機会が多いため、モチベーションが上げやすく情報交換がしやすいです。そして、卒業を目指しやすい環境であるともいえます。仕事と勉強の両立は簡単なことではありませんが、より心理学の学びを深めたいという気持ちがあり、今後は大学院へ進学したいと考えています。まだ、いつになるかはわかりませんが、その時は聖徳の大学院で学ぼうと決めています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

栗田 悦子

人文学部(現:心理・福祉学部) 心理学科 卒業
栗田 悦子さん 

自分探しのために、学びはじめた心理学。
学びを通じて、仕事に対する視野が広がりました。


「自分を変えたい」という強い想いを胸に入学


 聖徳大学に入学する前は、外科病棟で看護師をしていました。消化器系の手術を受ける患者さんのケアや、抗ガン剤治療、高圧酸素治療などに携わり、ハードな日々を送っていました。看護師として、とても充実した環境ではありましたが、心身ともに疲労が蓄積し、体調を崩してしまいました。それがきっかけで「自分を変えたい」と思うようになり、もともと興味がある心理学を学ぶことで、もしかしたら新しい気付きや発見に出逢えるかもしれない、と考えました。そこで、仕事をしながら学ぼうと、思い切って通信制の大学へ入学することにしました。

入学から3年目 より深く学ぶために卒業研究を決意


 菅沼憲治先生の「人格心理学」は、大好きな授業のひとつで、その中で「アサーティブ行動」を学びました。自分の主張をおしつけずに要求を表現する、ということが大変興味深く、学びを深めるほどに、もっと学びたい、ゆくゆくは大学院へ進学して臨床心理士の資格を取得したい、という思いが強まっていきました。入学してから3年間で卒業に必要な単位はすべて修得していたのですが、大学院への進学を考え、卒業研究を追加履修することに。スクーリングでできた友人たちにも相談にのってもらい、仕事と研究活動を両立させることができるのかを、とことん悩んだ末での追加履修でした。卒業研究は、菅沼先生に指導していただき、「看護師の幸福感」というテーマで、看護師は仕事をする中でどんな瞬間に幸福を感じるのかを明らかにすべく、研究に没頭しました。ゼミには、よく4名の通学生と一緒に参加させていただきました。自分の研究内容について客観的な意見をもらったり、他のゼミ生の研究にふれることでさらに知識が増えたように思います。

卒業後、「認定心理士」と「心理相談員」の資格を取得


 卒業後は、「認定心理士」と「心理相談員」の資格を取得しました。さらに、日本認定心理士会という学会に入会し、心理学の自己研鑽に日々努めています。職場では、大学で学んでいたことが上司に認められ、病棟での業務だけではなく、看護部長秘書も兼務しています。看護部長からは、業務に関して、心理学の知識を活かした見解を求められることもあります。心理学を学んだことで、以前とは違う視点を持って仕事に取り組めるようにもなったので、看護部長のサポートだけではなく、看護師としての医療現場での仕事や職場の人間関係などさまざまな場面で心理学の知識を役立てていきたいと思っています。将来的には大学院へ進学して「臨床心理士」の資格を取得することを考えているので、学会での活動など、少しずつ準備を始めています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

平野 朋子

心理・福祉学部 心理学科 卒業
平野 朋子さん 

教育領域の心理学的知見を深め、
コミュニケーションに困難を抱える子どもを支援したい


 カウンセラーの仕事に興味を持ち、民間のカウンセラー資格を取得。幅広く知識を学びましたが、実践するには浅いと感じたんです。専門分野ごとに掘り下げて学び、より実践的な専門知識を修得したいと、大学進学を決意しました。聖徳大学を選んだ決め手は、育児と両立しながら学べるとともに、心理学の分野で著名な先生方の直接指導が受けられるから。実践的な授業が豊富なスクーリングでは、多くのケーススタディに触れられました。実例を知ることで、理論の理解も深めながら学べましたね。
 聖徳での学びを通して、教育に特化した心理領域を深めたいという想いが強くなりました。聖徳の先生から学びたいと、先生の研究プロジェクトにも参加しています。目指しているのは、教育分野に関わるカウンセラー。家でも学校でも「良い子」だと思われているけれど、悩みを抱えている子どもたちに手を差し伸べたい。研究で得た知見を少しでも早く子どもたちに還元するために、大学院進学も視野に入れています。心理学の学びをさらに深めながら、子どもたちをサポートする活動に従事したいですね。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

式澤 明子

心理・福祉学部 心理学科 家族心理コース 卒業
式澤 明子さん 

より良い看護のために、目の前の患者さんだけでなく、
患者さんの家族環境も理解しようと入学を決意しました。


 看護師として大学病院などに勤め、人材教育や管理に携わる機会があり、指導の中で、スタッフの個性をどうしたらうまく引き出せるのか行き詰まりを感じていました。そこで心理学に興味を持ったのです。また、患者さんの家族の心理を理解することも看護に必要な要素だと考えるようになり、入学を決意。今はターミナル期の患者さんが多く通院するクリニックで非常勤看護師をしながら勉強をすすめています。大学では家族について改めて学びますが、印象深かったのは、家族に起きる問題を解決するには家族一人ひとりにアプローチするべきということ。これは職場のクリニックでも実際に活かせています。心理学を学ぶことで、看護師としての知識を増やしていきたいと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

吉浦 さゆり

心理・福祉学部 心理学科 家族心理コース 卒業
吉浦 さゆりさん 

先生に疑問や悩みを相談し、アドバイスをいただくことも。
心理学を学ぶことで子育ての悩みもやわらぎました。


 心理学に興味を持ったのは、自身の親子間での葛藤に疑問と不安を感じたのがきっかけです。聖徳のオープン・アカデミー「SOA」を受講し、そこで知り合った通信教育部の卒業生からお話を聞いて入学を決意しました。現在、歯科衛生士として歯科医院に勤務していますが、週1日勤務に変更してもらい心理学を学んでいます。スクーリング中は、休み時間などを利用して先生に疑問や悩みを相談し、的確なアドバイスをいただくこともあります。そのようなアドバイスやスクーリングでの授業、自宅学習で得た知識が、子育てや自身の行動を見直すことにつながっています。卒業後は、歯科衛生士として患者さんへの指導面で心理学を活かし、将来的には訪問歯科に携わることも考えています。。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

依田 裕子

心理・福祉学部 心理学科 臨床心理コース 在学
依田 裕子さん 

育休からの職場復帰を控えて、通信で学ぶことを決意。
“子どものためになること”を学び、実務に活かしたいです。


 看護学校を卒業してから保健師として勤務し、その後、小学校の養護教諭として子どもたちが元気に学校生活を送れるよう、体と心のサポートをしていました。出産を機に、育児休暇を取得し、育児に専念。子どもも大きくなってきたので、来春は職場復帰をしようと考えていたのですが、8年ぶりの現場になるので不安がありました。そんな時、主人の単身赴任が決まり、自分の時間が増えるので、職場復帰の際に役立つよう“子どものためになること”を通信で学ぼうと聖徳への進学を決めました。久しぶりに学生となり、学ぶことのおもしろさを実感しています。心理学を学んだことで職場復帰に向けて心の準備ができましたし、聖徳での学びを仕事に活かしていきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

茂谷 佳奈

心理・福祉学部 心理学科 社会心理コース 在学
茂谷 佳奈さん 

生活のリズムに合わせて自分らしく柔軟に
学習スタイルを変えられるので、つづけていく自信が持てました。


 教育関係の仕事に就きたくて地元の四年制大学へ通っていたのですが、塾講師のアルバイトと学習の両立に精神的ストレスが高まり、長期休学をしました。休学中に通信大学への編入を考えはじめ、学ぶなら心理学をと、聖徳の「Choi-S」を見つけてチャレンジ。最終的な入学の決め手はスクーリングの充実度でした。先生に直接質問できたり、現場の体験談を聞けたり、それに自ら実験を体験できる授業を受けられるのは大きな魅力でした。通信制なら生活に合わせて学習プランを調整できるので、勉強をつづけていく自信が持てました。今再び塾講師をしていますが、将来は聖徳で学んだことを活かして、自分らしくワークライフバランスをとりながら、自分も他人も幸せにできる仕事をしたいと思っています。


ページTOPへ ▲